ネットショップを活用し効果的な集客で増客増販

北の大地・北海道。札幌の繁華街すすきのにほど近い狸小路商店街に、「ぱんじゅう」や「ベビーカステラ」を主力商品として販売している「正福屋」がある。経営者の佐藤正一氏と顧問税理士の戸井敏夫税理士、監査担当の更田健一氏に話を聞いた。

開業された経緯を教えてください。

佐藤 狸小路商店街は、観光スポットなので、多い時には1日に60台くらいの観光バスが立ち寄ります。以前は、ここで古着屋を経営していたのですが、古着ブームも過ぎ去り、気がつけば、中国や台湾などアジアからの観光客が増え始めていました。そこで、海外からの観光客を相手に何か商売ができないかと考えるうちに、以前ニューヨークのチャイナタウンで、行列のできるベビーカステラ屋があったのを思い出し、ベビーカステラならはやるだろうと、開業を決意しました。 

その後、お客さまからたくさんの要望をいただいた「ぱんじゅう」を始めました。実は10年前まで、テナントの大家さんの今は亡きお母さまが、この地でぱんじゅう焼きのご商売を営んでおられたんです。地元の方々にとってはなじみ深い「ぱんじゅう」が、10年ぶりに復活するという事で新聞などのメディアにも取り上げていただきました。

―最高級の小豆を使用―

「ぱんじゅう」について詳しく教えてください。

佐藤 「ぱんじゅう」は、パンとまんじゅうの中間的なもので、半球状の焼き菓子です。まんじゅうが蒸すのに対して、「ぱんじゅう」は、パンのように焼いたものなので、「ぱんじゅう」と呼ばれたという説があります。もともとは炭坑労働者などのおやつとして広まり、北海道では小樽が発祥の地とされています。大正時代から庶民に愛されてきた郷土菓子です。

――こだわりを教えてください。

佐藤 材料は、十勝産の最高級小豆を使用しています。ぱんじゅうのあんこに使う小豆を選ぶ際に、色々なあんこの味見をしましたが、実は私はあんこが少々苦手でして(笑)。色々なあんこを試食するのは苦行でしたが、唯一、食べられるあんこと巡り合えました。後にわかったことですが、そのお店で一番最高級の小豆を使用したあんこだったのです。迷わずその小豆を採用しました。

――ホームページからの反応はいかがでしょう。

佐藤 定期的に百貨店の催事に出店しているのですが、ホームページで「催事出店情報」をチェックして、来店される方がいらっしゃいます。催事は、認知活動としても有効で、そこでご購入いただいたお客さまが実際の店舗に足を運んでくださるケースも多々あります。また、ホームページに期間限定の商品を掲載すると、その商品目当てで来店される方も多く、われわれの広報活動には、必ずホームページが絡んでいます。

――ネットショップも活用されていますね。

佐藤 「BESTネットショップ玉手箱コース(TKC自計化システム利用企業対象で3年間無償)」を利用し始めてから少しずつではありますが、売り上げが上がり始めています。道内からの注文のほか、東京や神奈川からも注文が入るようになりました。今後は、さらに認知度を上げていき、全国の皆さんに気軽に「ぱんじゅう」をご賞味いただけるよう、送料なども見直していきたいと考えています。

――今後の展望をお聞かせください。

佐藤 来年の2月に小樽へ移転することが決まっています。小樽の方に愛され、観光客の方に「これが小樽名物のぱんじゅうだ!」と言えるような、恥ずかしくない商品を作っていきたいと思います。

正福屋(しょうふくや)
ネット活用が最重要課題

―― 会計事務所として中小企業のウェブ活用についてどのようにお考えですか。

戸井 最近は、ホームページを開設している企業が増えてきていますが、本格的に活用できている企業はまだまだ少ないと思います。 正福屋さんのような小売店の場合、これからはインターネットをどう活用するかが最重要課題なのではないでしょうか。われわれもこのような分野も支援できるようにしていきたいと思います 

更田 BESTホームページ玉手箱コースは、作成が簡単でしたので、紹介させていただきました。最初の頃は奥様とテーマを決めて地道に作成していき、現在の完成形になりました。中小零細企業で固定費の計数管理ができていて、無駄なものを既にすべて削減している場合、後は売り上げを上げるしかありません。 これからの時代、ネットショップ等を活用して販路を拡大していける企業でなければ、成長は難しいのではないでしょうか。

この度は取材にご協力いただきまして、ありがとうございました。
正福屋(しょうふくや)
北海道札幌市中央区南3条西6丁目9番地(2014年2月に移転→小樽市稲穂2丁目9-12)
電話番号:011-223-3588
FAX番号:011-522-5554
営業時間:11:00~20:00
HP http://www.amesu.com/shofukuya/
編集後記

お話しを伺った後、おいしいベビーカステラと、あんこたっぷりのぱんじゅうをいただきました。 「ぱんじゅう」には、様々な味があるようで、毎月お楽しみ商品があるそうです。特にクリームチーズが大人気との事。 「ぱんじゅう」や「ベビーカステラ」に興味がある方はぜひ食べていただきたいです。

(インタビュー・構成/アイ・モバイル 久保埜裕亮)

次の記事へ 前の記事へ

株式会社TKC発行のビジネス情報誌「戦略経営者」に掲載された連載記事を掲載しております。