顧客の理想をカタチにする創業120 年超の造園業者

顧客の理想をカタチにする創業120 年超の造園業者

大阪府池田市細河地区は、全国でも有名な植木の生産地である。この地で120年以上の歴史を持つ尚古圜株式会社は、和風庭園、洋風庭園、ガーデニング、新築外構、庭のリフォームを行う造園業者だ。最近は、愛犬と快適に暮らすための空間づくりも手掛けている。2016年に4代目を継いだ中西正樹氏に、伝統の庭づくりとホームページ(HP)の活用について話を聞いた。

 

──経営を引き継がれた経緯を教えてください。

中西 大学では空間デザインを勉強し、卒業後、10年間建材商社に勤めました。32歳のときに自分なりの節目を感じて家業に戻り、父(先代)と一緒に働き始めました。6年後に父が倒れてしまい実質的な経営者になりましたが、思っていた以上に大変で、先代の大きさをひしひしと感じました。その後、2016年に法人化して社長に就任しました。

 

趣味や生活スタイルを考慮

──どのような注文が多いのでしょうか。

中西 昔ながらの本格的な日本庭園はもちろん、最近では、もう少し規模の小さい庭づくりへのニーズも増えています。たとえば、和室から見えるところにかっこいい和風庭園を作りたいというご希望なら、手入れの簡単な植栽を使った坪庭やメンテナンスの要らない石を配置しライティングを加えた枯山水をつくったりします。あるいは洋風庭園なら門から玄関までのアプローチや玄関ポーチ周りを施工するケースが多く、お客さまが季節ごとにハーブやお花を植え替えたりしながら楽しめると人気があります。そのほか、新築住宅の外構やエクステリアをデザインしたり、他に〝ワンちゃんと過ごせる〟〝アウトドアを楽しめる〟などといったコンセプトの庭も手掛けています。

和風庭園

 

──尚古圜の名称の由来は?

中西 「尚古」には「古きを尚とおとぶ」という意味があります。伝統を活かしながらお客さまの理想に合わせた空間を創るという思いが込められています。先代も私も庭づくりの考え方は変わりませんが、一方で、時代の変化に合わせてビジネススタイルが少しずつ変わって来ているようにも思います。

 

──どのようなところが?

中西 一番変わったのは、誰もがインターネットで情報収集できることです。それと、普通に相見積りを取る時代になったことも大きな変化ですね。「私はこういう庭をつくりたい。予算はこれぐらい」と提示し、複数の会社から相見積りを取ることが当たり前になってきています。そんな環境の中で価格競争に陥らないようにするのは大変です。

 

──強みは?

中西 基礎や下地など目に見えない部分をお客様に理解いただくのは難しいのですが、私たちがつくるもの簡単には崩れたり割れたりしません。手法や材料の選定を吟味し、年月が経てばそれなりの風合に変わるように計算しています。また、お客さまは材料や技術についてもネットで簡単に調べられる時代なので、社員全員が常に最新の知識を身につけるようにしています。

 

──顧客第一の姿勢にも定評があります。

中西 お客さまの趣味や生活スタイル、家族構成などを考慮し、動線や使い勝手など、目には見えない部分も含めて設計やデザインを提案するのが僕の仕事だと思っています。そのために、お客さまのことが理解できるまでヒアリングを行います。その後、予算をお聞きし、希望に近い庭づくりを提案するようにしています。もう一つ重要なのは、時間軸を考慮して設計することです。植物は成長するので、数年後をイメージせずにデザインしてしまうとジャングル庭園になってしまい、ランニングコストも増えてしまいます。

 

自由に加工できる会社案内

尚古圜株式会社|大阪府池田市の造園・ガーデニング・外構工事

尚古圜株式会社|大阪府池田市の造園・ガーデニング・外構工事

──HPを改訂された理由は?

中西 以前のHPは、自分で作ったもので素人感がぬぐえず、あまり満足のいくものではありませんでした。かねてから、きちんとしたものを作りたいと思っていたところ、税理士法人とよのパートナーズさんに「Smartpage(スマートページ)」というサービスをご紹介いただき、その使い勝手の良さに感心して導入を決めました。このサービスによってHPの質が向上して以来、普段、どんな情報を発信したらHPを見てもらえるか、そして尚古圜の庭づくりがご理解いただけるかをより考えるようになりました。HPは自由に加工できる会社案内兼広告塔のようなものだと思っています。

 

──今後手がけたいことは?

中西 今は「ワンちゃんを飼う」時代から「ワンちゃんと共生する」時代に変わってきています。しかし、いざ犬と暮らし始めるといろいろな問題が出てきます。散歩が必須になるし、小型犬は抱いて足を洗うことができますが、中型・大型犬となるとそうはいきません。そのため、外から家に入るまでの間にミッドエリアが必要になる。そのようなことを含め「ワンちゃんと共生できる空間づくり」をHPで積極的に提案していきたいと思っています。

 

 

この度は取材にご協力いただきまして、ありがとうございました。

中西正樹社長

尚古圜株式会社
住所:大阪府池田市古江町125-4
TEL:072-752-5666
URL:http://www.syoukoen.co.jp/

(インタビュー・構成/アイ・モバイル 株式会社)
株式会社TKC発行のビジネス情報誌「戦略経営者」に掲載された連載記事を掲載しております。

この記事への感想やご意見、サービスに関するご質問がありましたら、下記ボタンよりお問合せください。