高度な技術力でニーズに応える産業用模型のプロフェッショナル

web-strategy_top(H300W1000)

高度な技術力でニーズに応える産業用模型のプロフェッショナル

東京都大田区南六郷にある株式会社共立模型は、主に産業用エンジニアリング模型の製作を手掛ける会社だ。特に、原子力をはじめとするエネルギー関連設備や発電用タービンなどの模型の製作で知られている。同社の梅澤秀明社長に業務の詳細と強み、そしてホームページ(HP)の活用法について話を聞いた。

用途に合わせて一貫製作

──模型にはどのようなニーズがあるのでしょうか。

梅澤 最近は、展示会で使用する模型の受注が増えています。東京ビッグサイトやパシフィコ横浜などで開催される展示会向けが多いですね。大型の設備・機器は、サイズや重量の問題で現物を展示できませんから、模型を使うことになります。また、用途、構造、機能をビジュアルに説明する際にも模型が便利です。「目立つ模型」「わかりやすい模型」といったニーズがあるなか、最近では、光る、動く、映像を組み合わせた模型が人気です。

── 製作時に心がけていることは?

梅澤 展示会の場合は、まず、お客さまが何のために出展するのかを考えます。商談の場づくりなのか、自社を知ってもらう手段なのか、ブランディングのためなのかによって模型のコンセプトが変わります。また、点検やメンテナンス業務の社内教育を目的とするもの、あるいは科学館や博物館の展示用などさまざまな用途があり、それぞれに合わせて模型のコンセプトを決定します。

──提案型ビジネスのようですね。

梅澤 お客さまがある程度プランを持っていて、それを具体化してほしいという場合もありますが、プランをお持ちでない場合、当社の営業担当者が模型をつくる目的、サイズ、構造、納期、予算を確認し複数のプランを提案します。まずお客さまの話をよく聞き、真摯に相談に乗ること。そこを大事にしています。今まで模型などに関わったことのない方が「突然上司から言われて」というケースもありますからね。

──製作のプロセスを教えてください。

梅澤 最初に図面をもらって模型用の製作図や版下を起こします。それをお客さまに確認していただき部品図をつくります。それから3Dプリンターを使うのか、造形なのか、ハンドワークなのかを決めて製作に取り掛かります。おおまかな造形ができたらお客さまにご確認いただき、問題なければ出荷前検査を経て納品になります。


── 模型メーカーとしての強みは?

梅澤 社内体制面では、専門の技術者が模型製作だけではなくデジタル制御で電飾や映像と連動する展示物を一貫製作できることです。仕事のやり方では、「短納期」でしょうか。前社長から「お客さまが〝使いたい時〟になかったら価値はない」と言われ続けてきました。その次に品質。模型は製作した後も残り、見られ続けるので、変なものを作ったら会社の評価をずっと下げ続けることになる。その意味でも、つくりっぱなしではなく後々のメンテナンスにも力を入れています。


「インディード」で採用活動

──HPをリニューアルされました。

梅澤 HPは、これまで簡単なものは作っていましたがあまり重視していませんでした。しかし、HP作成・運用の優れたプラットフォームでありHPのプロによるサポートも受けることができるアイ・モバイル社の「Smartpage」に切り替えてからは当社の戦略上、必須のツールになっています。さっそく、HPを見た方からの問い合わせが増えてきています。

――何が変わりましたか?

梅澤 簡単に言うと「わかりやすさ」です。お客さまが求めていることへの適切な回答がHP上でわかりやすく表示されていると思います。HP上にユーチューブ動画も掲載していますが、これからはこれらをもっと増やして、「動きのある模型」を見ていただきたいと考えています。

── 採用にIndeed を活用されているとか。

梅澤 これまでハローワークに求人を出してきましたが成果は上がりませんでした。アイ・モバイル社からHPの中の採用情報ページが自動でインディードに連携する新しい機能がリリースされたと聞き、すぐに使ってみようと……。高額な費用をかけずに採用活動ができるというのも魅力だったし、採用情報ページに必要な項目を入力して公開するだけなのでとても簡単でした。インディード との自動連携が始まった翌日から応募が立て続けに入り、効果の大きさを実感しています。しかも当社のHPをしっかり見て応募してこられるので本気度が高い。6名の応募者のうち5名と面接を行い、最終的に20代前半と40代前半の2名を採用しました。今回は、模型製作の技術者を募集しましたが、今後は企画・営業職の募集も考えています。求人支援という意味でもスマートページは大変ありがたい存在です。

 

この度は取材にご協力いただきまして、ありがとうございました。

株式会社 共立模型
住所:東京都大田区南六郷1-8-16
TEL:03-3735-1622
URL:https://www.kyoritsu-mokei.com/

(インタビュー・構成/アイ・モバイル 株式会社)
株式会社TKC発行のビジネス情報誌「戦略経営者」に掲載された連載記事を掲載しております。

この記事への感想やご意見、サービスに関するご質問がありましたら、下記ボタンよりお問合せください。