HPを使用した若手求人

web-strategy_top(H300W1000)

現場管理者と職人の信頼感が 工事の“質” を引き上げる

埼玉県八潮市にある水元興業株式会社は、マンション、オフィス、店舗から一般住宅まで、さまざまな建物の内装工事業を営む。瀬下豊社長は内装工事の職人としてスタートし、昭和63年4月に会社を設立。職人重視の経営で、主な取引先であるゼネコンからの信頼を得てきた。瀬下社長に事業内容、会社の強み、社員の採用、ホームページの活用などについて語ってもらった。

“職人気質”を堅持する

──創業から現在までの経緯は?

瀬下 新潟から東京に出てきて、自動車整備業を10年、飲食店の仕事を3年ほどやりました。内装工事は職人見習いから始めたのですが、当時すでに子供が2人おり、親方になるため必死に仕事を覚えました。そのうちに仕事が面白くなり、1年半で親方にさせていただきました。それから約3年後に独立。会社を設立した当初は、ゼネコンさんの孫請けで一人親方として仕事をしていました。その後、次第に事業を拡大させ、今はゼネコン十数社の下請けとして会社を回しています。

──どのような内装工事を?

瀬下 壁や天井、床を建物に付けていく仕事です。躯体工事が終わって器ができた後、内装工事が始まるのですが、たとえば、壁は、軽量鉄骨(LGS)で組み上げた枠を作って石膏ボードを貼り、そのあとに仕上げ材を貼りつけると完成します。

──内装工事の面白みは?

瀬下 ゼネコンさんから設計図をいただいて、その図面どおりに作るわけですが、平面の天井や壁を作ることは誰でもできます。しかし、ホテルの結婚式場や宴会場などは、形状が入り組んでいたり、丸い壁だったりします。そういう複雑なものの場合は、図面が頭に入っていないと作れない。図面が夢に出て来ることもあるほど没入します。それと、どんな工事にも工期がありますから、作業内容を工夫しながら、それをやり遂げた時の達成感は最高ですね。

──強みは?

瀬下 私の他に、現場管理を担当する社員が4人いて、実際の作業は一人親方やグループの職人さんに外注契約でお願いしています。長年にわたって仲間として動いてくれている職人さんたちは皆、優秀な方ばかりで、ゼネコンさんの現場の所長が、次の仕事で同じ職人さんを指名してくれたりもします。工期内に終える仕事の速さ、技術の高さのみならず、私が大切にしている職人気質を守ってくれていると感じます。

 

ホームページで社員を採用

── ホームページ(HP)を開設した目的は?

瀬下 顧問税理士の中見川豊税理士事務所の職員の方にBESTホームページ(TKC会員の関与先企業のみ利用可能)を紹介していただきました。当初の目的は、会社案内代わりでした。紙に印刷してしまうと変えたいところがあっても変えられません。それに在庫がはけるまで同じものを使っていかなければならない。それならHPの方がいいだろうと思ったわけです。新規のゼネコンさんに営業をかけるときも、まずはHPを見ていただきます。会社の概要、職人さんの紹介や施工例、社内のイベントなども掲載されていて、会社の姿を伝えるには最適です。また、職人さんや社員の募集には、いまやHPは必要不可欠な存在となっています。

──社員の採用につながったということですね。

瀬下 HPを通して若い社員を採用することができています。ここにいる廣田(光)君もそう。これからも、もっと若手社員を増やしていければと考えています。

──(廣田さんに)応募のきっかけを教えてください。

廣田 「八潮 内装」と打ち込んでグーグル検索すると、1ページ目に水元興業が出てきました。最初に見たのは、採用条件で「18歳以上、普通免許あり」でした。これで自分も応募できること分かり、次にどういう職人さんがいるのか確認しました。その他にも6社ほど内装工事の会社を見ましたが、水元興業以外に「見習い募集」はありませんでした。「正社員で見習いになって、将来独立できる」とあったので応募しました。

 

──今後の課題は?

瀬下 当社の強みは、現場管理者(社員)と熟練の職人さんの信頼関係にあります。ところが、今は、なかなか見習いで職人をやってくれる人がいません。当社の社員と職人さんもだんだんと高齢化してきている。将来独立を目指す方は、当社で早いうちに仕事を覚え腕を磨いて、親方として独立して欲しいと思いますね。社員でも一人親方でもいいです。そのために採用ページを本サイトとは別に独立させて、もっと職人さんたちに情報が届くようにしたいですね。会社の雰囲気を伝える画像も更新の頻度を上げて、常に新しいものを見てもらいたいと思います。そして当社に魅力を感じてもらって、若い社員や職人さんの確保につなげていきたいです。

この度は取材にご協力いただきまして、ありがとうございました。


前列右から2人目が瀬下豊社長、3人目が廣田光さん

前列右から2人目が瀬下豊社長、3人目が廣田光さん

水元興業株式会社
住所:〒340-0815 埼玉県八潮市八潮5丁目8-16
電話番号:048-996-7183
HPhttp://www.3260.jp/


(インタビュー・構成/アイ・モバイル 株式会社)
株式会社TKC発行のビジネス情報誌「戦略経営者」に掲載された連載記事を掲載しております。

この記事への感想やご意見、サービスに関するご質問がありましたら、下記ボタンよりお問合せください。