イメージが伝わるHPで新規患者が増加中

web-strategy_top(H300W1000)

イメージが伝わるHPで新規患者が増加中

千葉県習志野市にある三橋眼科医院は、子どもからお年寄りまで幅広い世代が通う、目のホームドクターだ。患者さんに寄り添った「やさしい医療」をモットーとする同院には、月に100名以上の新規患者が訪れる。三橋正忠院長、ホームページ(HP)担当の木ノ村恵祐氏、須賀愛氏、田中清人顧問税理士に来院数を増やす取り組みについて聞いた。

千葉県習志野市の三橋眼科医院 外観

一人ひとりに合わせた診療
――どのような診療を行われていますか?

三橋 目の病気は大きくいうと、「見えない」「痛みがある」の二つ。日常的なトラブルから白内障・緑内障まで眼科疾患全般の診断・治療を行っていますが、特に力を入れているのは小児の視力相談です。仮性近視のお子さんには「ワック」という機器を使って望遠訓練を行い、生活習慣も含めて改善指導をしています。また、視力の矯正に取り入れているのが今注目のオルソケラトロジー。就寝中に特殊なレンズを装着することで翌朝視力が矯正される新しい手法で、県内でも対応できる眼科は少なく、遠方から相談にみえる方もいます。


千葉県習志野市の三橋眼科医院 診察イメージ

――診療の際に心がけていることは

三橋 0歳児~100歳まで実に様々な方が来院されます。大切にしているのは患者さんを第一に考え、一人ひとりに合わせた診療をすること。眼鏡を作るにしても、ただ見えれば良いわけでなく必要な見え方はそれぞれ違います。年齢や職業、生活スタイルを考慮して、その人が快適に過ごせる度数に調節する。それが当院の目指す「心のかよった、やさしい医療」のかたちです。

――そういったお考えが医院の評判につながっているわけですね。

三橋 結果的に満足いただいているようです。あとはスタッフの貢献が非常に大きい。ほとんどが10年以上勤務しているベテランで、子育て経験もあるので小さいお子さんも安心して任せていただけます。常に進化する眼科医療に遅れを取らず、開業医では治療が難しい疾患の場合は、その領域のスペシャリストの先生を紹介できる、かかりつけ眼科でありたいと思います。


千葉県習志野市の三橋眼科医院 待合室

――予約制を導入されたと伺いました。

三橋 田中先生の助言で2月に始めました。予約制を導入してから患者さんの待ち時間が短縮され、診療もスムーズに進むようになった。結果的に1日の来院数は15%アップしました。

HPが来院のきっかけに
――BESTホームページを採用された理由を教えてください。

三橋 以前のものはイメージどおりではなく、医院のことをもっと知ってもらえるHPにしたいと昨年リニューアルを依頼しました。ぱっと見て中を読みたくなるようにイラストや写真を多く使い、眼科ですから文字も大きく見やすくという点にこだわりました。 須賀 待合室の雰囲気や診察風景など、医院の中がよく分かるHPになったと思います。当院の良さである先生の人柄・顔が見えることで安心感につながり、足を運んでもらう第一歩になると期待しています。


――リニューアル後の反響はいかがでしょう。

木ノ村 新患の数が以前より明らかに増えました。現在は月に100名を超えています。初診の方に当院を知ったきっかけを尋ねると、最も多く挙がるのはHPです。オルソケラトロジーなど特殊な診療をトップページに大きく掲載しているので、それを見て問い合わせの電話をいただくこともあり、効果の大きさを感じています。

――今後の活用についてお聞かせください。

須賀 HPの閲覧状況を確認すると、スマートフォンからのアクセスが主流になっています。今後はスマートフォンでの見やすさを意識し、若い世代の方により見ていただけるHPにしたいです。また、検索順位を上げるためにも更新は重要だと考えています。閲覧数が少ないページには新しい情報を追加するなど、患者さんが求める情報を収集しながら日々進化させていきたいですね。


――多くの眼科を関与先に持つ田中先生は、HP活用についてどのようにお考えですか?

田中 眼科を含め医療機関は経営自体が大変な時代です。人口は減り、開業医が増える、そのような中で患者数を増やし、生き残っていかなくてはなりません。患者さんに選ばれる医院になるには、認知されなければ始まらない。そのためにHPは絶対必要です。さらにHPで大切なのは、医院の診療方針や院内の様子、ドクターやスタッフの顔が見えることです。どのような医院かイメージできる情報を発信することが、これからの時代を生き抜く上でますます重要になるでしょう。

この度は取材にご協力いただきまして、ありがとうございました。


三橋眼科医院 三橋正忠院長と、田中清人顧問税理士

三橋眼科医院
住所:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5-8-25
電話番号:047-452-3026
HP:http://mitsuhashiganka.jp/


(インタビュー・構成/アイ・モバイル 川上 陽子)
株式会社TKC発行のビジネス情報誌「戦略経営者」に掲載された連載記事を掲載しております。

この記事への感想やご意見、サービスに関するご質問がありましたら、下記ボタンよりお問合せください。