店舗数拡大に伴う人材不足を自社サイトで解決

カー用品店「イエローハット」を三重県内に8店舗展開する株式会社三重イエローハット。4年連続で新規出店し、創業8期目にして拡大を続けている。吉田亨社長、中田会計事務所の永田真也氏にグループとは独立したホームページを所有する意義について聞いた。

コミュニケーション重視の改革

――創業の経緯を教えてください。

吉田 イエローハットの社員だった頃、三重県で唯一直営だった松阪店を経営してみないかと声を掛けられたんです。再編中の苦しい時期でしたが、チャンスだと思い独立を決意しました。その後間もなく、さらに3店舗を別会社から引き継ぐことになり、既存の社員とともに再スタートしました。長い店長経験から、うまくいっていない店舗を上向ける方法は分かっていました。基本に戻って一から改善した結果、業績が回復し、新規出店の話も次々いただくようになりました。

――改善のために取り組まれたことは?

吉田 この業界ではお客さまは従業員に付きます。まずは従業員のモチベーションを高めるために、一緒に販売・作業する中で個別に悩みを聞いてフィードバックしたり、頑張りに応じてボーナスや手当を支給する仕組みを作りました。半年に一回全員で行う決起会も団結力を生んでいます。自分たちで店を盛り上げようという意識を持ち、お客さまにファンになってもらうにはどうするかを考えて、ゴミを拾う、荷物を運んであげるなど、全員で改善していきました。また、人との繋がりを大切にする土地柄、お客さまとのコミュニケーションも非常に重要です。お礼の葉書を毎日一人一枚は必ず出すようにしていますが、それを見て来店される方もいて関係強化につながっています。

――力を入れているサービスは?

吉田 車検、ポリマーコーティング、タイヤ、オイル交換が柱です。松阪店は民間車検工場に指定されており、自社ですべて完結するので価格面でも勝負できます。また、イエローハットグループで力を入れているのが、汚れや変色から塗装を守るポリマーコーティング。タイヤ交換など車のメンテナンスで来られた方にお勧めしています。量販店で行っているところは少ないため、気軽に利用できると好評です。

求人と販促を後押しするHP

――イエローハットグループとは独立したホームページを開設された理由は?

吉田 店舗数の拡大にともなって人材の採用が追い付かなくなり、求人のためにもHPが必要だと考えました。イエローハットのHPに各店舗の紹介ページがありますが、情報量は限られます。会社の信用のためにも自社のHPがあった方が良いですし、自社のことをよりアピールできると思いました。

――求人効果はありましたか。

吉田 新卒者の応募が驚くほど増えました。今年は19名の応募があり、13名を採用しました。彼らに話しを聞くと、HPを見て楽しそうだったからという声がよく上がります。社内研修で行ったマレーシアでのタイヤ交換コンテストの動画を掲載したり、スタッフブログで趣味や日常の話を毎日更新しているのが好印象だったようです。

――お客さまからの反響は?

吉田 オイル交換の予約がHP経由で月に50~60件あります。予約いただくとお客さまを待たせなくて済みますし、ピットの効率化にもつながっています。今最も伸びているのはネット販売です。独自で開拓した商品やカーナビなどの型落ち品が人気で、毎日注文が入ります。購入者が全国に広がり、店頭ではなかなか売れなかった商品も買っていただけることが多い。実際に何百万とあった在庫が、ネット販売を始めてから一気に軽くなりました。

株式会社三重イエローハット
――今後の活用についてお聞かせください。

吉田 現在ある8店舗の中でも、外車が得意な店、電装系が得意な店などそれぞれ特徴があります。店舗ごとの特色を打ち出せるよう、店長のメッセージやスタッフ紹介、資格保有者などの情報をさらに充実させたいです。また、従業員同士のコミュニケーションツールとしても活用できないかと考えています。フェイスブックとの連携により、お客さま、そして従業員とのつながりをより深められると期待しています

――中小企業のウェブ活用についてどのようにお考えですか?

永田 中小企業にとってHPは広く知ってもらえるツールです。活用次第では販促、求人の力にもなり得ます。HPを作っただけで情報が古いままだと良い印象を持ってもらえないでしょう。三重イエローハット様のように日々更新するなど、常に新鮮な情報を提供していくことが多くの方に見てもらう上で重要なポイントではないでしょうか。

この度は取材にご協力いただきまして、ありがとうございました。
株式会社三重イエローハット
〒515-0044 三重県松阪市久保町1887-12
電話番号:0598-29-6616
HP  http://www.mie-yellowhat.jp/

(インタビュー・構成/アイ・モバイル 川上 陽子)

次の記事へ 前の記事へ

株式会社TKC発行のビジネス情報誌「戦略経営者」に掲載された連載記事を掲載しております。