ITマーケティングNews vol.23

ITマーケティングNews vol.23

5G時代が到来!動画がコミュニケーションの中心に

2020年3月、5Gの商用サービスがついに日本で始まりました。都市部からスタートし、段階的に4Gから5Gへの移行が進む見通しです。5Gの普及によって私たちの生活はどう変わるか、ビジネスにどう活用できるかを解説いたします。

■ 5Gは何がすごい?

5Gとは、携帯やスマートフォンなどの通信に使われる次世代の通信規格で、現行の4Gに比べその性能は飛躍的に進化しています。

①高速大容量
5Gの最大の進化が通信速度です。4Gの100倍も速いと言われ、2時間の映画も3秒でダウンロードできるようになります。
②低遅延
通信時の映像や音声の遅れが劇的に解消し、リアルタイム通信の実現が期待されています。これにより、リアルタイム性が問われる自動運転や、遠隔医療に代表されるロボットの遠隔操作がさらに加速すると予想されます。
③多数同時接続
5Gでは多数の端末の同時接続も可能です。スマートフォンやタブレットだけでなく、家電やセンサーなど身の回りのあらゆるものがインターネットにつながる今、家庭内のインターネット端末は数百個になるかもしれません。

■ 動画がもっと身近に

多くの人が実感できる5Gの恩恵は、インターネット通信が快適になり、高精細な動画もスムーズに閲覧できることでしょう。YouTubeに代表されるようにインターネット上のコンテンツも広告も動画中心にシフトしつつありますが、5Gの普及によって動画の閲覧機会はいっそう増していくと考えられます。

■ 企業PRに欠かせないコンテンツへ

5G時代において、企業のPR手段として動画を活用しない手はありません。画像と文字が主なコンテンツだったホームページも、動画の多用が当たり前になるはずです。

動画を使えば、表現力が圧倒的に高まり、伝えたいことも伝えやすくなります。1分間の動画が伝える情報量は180万語、3,600のWebページに匹敵するというデータもあり、短時間で商品や自社の魅力を伝えられる最適なツールと言えます。

※2 IMAJICA DEGITALSCAPE

■ 採用活動にも大きな力を発揮する動画

最近では人材採用を目的に、求職者に向けて社内の雰囲気や仕事内容を動画で紹介するケースが増えてきました。

2018・2019年卒の就活生に行ったアンケートでは、選考中に動画があった方がいいと感じる人が9割超。実際に動画を見た就活
生の76%が、志望度が「大きく上がった/上がった」と回答し、動画がプラスに働いていることが分かります。

採用市場の競争が激化する中、求める人材を獲得するためにも、動画を活用して自社の魅力をアピールすることが重要になるでしょう。

出典:プルークス「新卒採用動画の必要性に関する就活生アンケート調査」

ITマーケティングNews 記事一覧 
(構成 / アイ・モバイル ITマーケティング研究所)

ITマーケティングNews 定期購読ボタン

※ 定期配送サービスは、TKC会員事務所様向けの限定サービスです。