新商品を開発する

 商品企画

商品企画⇒開発⇒販売スタートの手順は、

1)アイデア出し 
2)コンセプト決定 
3 )市場分析 
4 )商品設計 
5 )生産 
6 )プロモーション・販売

という順序になります。 

まずは、アイデア出しからスタートします。アイデア発想法としては、既存の商品をベースに、機能等を追加する、減らすといった方法の他、部分的に他と組み替えるといったアイデアで、既存商品が新規商品として生まれ変わることもあります。また、ターゲットとなる顧客が抱えていると思われる課題を洗い出すこともアイデアの発見につながります。 

次に、挙がったアイデアを元に商品のコンセプトを決定します。誰に、何を、どのようにして販売するのか、顧客にとっての価値は何かを明確にします。 

コンセプトが決定したら、市場分析をします。既存の統計データや調査データを活用したり、独自の市場調査の結果を活用し、コンセプトをブラッシュアップし商品の要件を具体化します。 企画の最後は商品の基本設計です。機能・材料・数量・価格等商品の仕様(スペック)を確定します。また、商品名やパッケージ、キャッチコピーも商品を構成する重要な要素です。プロモーション方法や販売チャネルをイメージして設計しましょう。

商品企画から販売までのプロセス

実施の手順

ポイント

  • 自社が持っている商品開発力やノウハウだけでは、新商品の開発ができないケースもあります。このような場合には、商品企画コンサルティング業者の活用やサプライヤー(商品供給業者)との協業が新商品開発の近道です。 
  • 他社との協業により、他社の持つアイデアや技術・ノウハウを、自社のものと組み合わせることで、全く新しいアイデアによる商品開発が実現できる可能性があります。例えば、自社が持つ特定分野・特定業界に関するノウハウを、他社の持つIT技術と組み合わせることで、商品化するケース等です。 
  • コンサルティング業者への委託の際には、全てを任せきりにするのではなく、自社が主導権を持ちリードしていくことが大切です。他社と協業する際には、メリットとリスクを共有し、お互いの役割を明確にしておきましょう。