既存顧客を放さない

 RSS配信

RSS(アールエスエス)とは、ニュース等ホームページの更新情報を配信できるツールです。もともと主にニュースサイト等で利用されていましたが、最近では、様々な業種のホームページやブログ等でも活用されてきています。RSSは、広告メール等の一方的な配信ではなく、受信者の希望により配信される情報発信ツールとして、今後さらに普及していくと思われます。  

RSSを利用すると、情報が更新された場合に、自動的に知らせてくれるので、いちいちホームページを訪問する手間が省けます。また複数の更新されたホームページの情報をまとめて知ることもできる大変便利な機能です。  

RSSで配信される情報を読むには、RSSリーダーが必要になります。「RSSフィード」というサイトの情報を「お気に入り」として登録しておくことで、最新の情報が配信されます。 情報の配信者は、自動的に更新情報を配信することができるので、継続的にタイムリーな情報の配信が可能になり、ホームページの訪問頻度を高めたり、機会ロスを減らす効果も期待できます。  

RSSを配信するには、RSSフィードの作成が必要です。RSSフィードを簡単に作成できるフリーソフト(無料ソフト)がネット上で公開されています。フィードの生成から管理までを一括してサービス提供している会社もありますので、それらの企業にアウトソーシングするという方法もあります。

実施の手順

ポイント

  • 誰に、どういう情報を配信したいのか、RSSを配信するターゲットと内容を具体的に決めましょう。
  • プレスリリースやサポート情報等の情報の更新頻度が高く、鮮度が求められる情報がいいでしょう。 
  • RSS配信の設定を行なった後は、コンスタントな情報更新が必要です。定期的に配信を継続することで読者を惹きつけることができます。 
  • 情報更新を外部に委託する際には、専門性や事例等をチェックし、導入目的に見合った効果を期待できるかどうか確認しましょう。