営業、マーケティングを強くする

 アフィリエイト

アフィリエイトとは、「~と~を提携させる」という意味で、「売れたときだけ手数料を支払う」という約束で情報を掲載してもらう広告のことです。アフィリエイターとは掲載先となるウェブサイト(ホームページやブログ等)やメールマガジンの運営者を意味します。

アフィリエイトを活用したい企業は、自社とアフィリエイターの仲介をしてくれる業者(アフィリエイト・サービス・プロバイダー=ASP)に登録をします。次に、商品・サービスの広告となるバナーや説明文をアフィリエイターに提供し、ウェブサイトやメールマガジンにて紹介してもらいます。その紹介を通じて商品が購入された場合等に報酬を支払います。  

アフィリエイトは成果報酬型の広告のため、リスクが少なく費用対効果が明確、というメリットがあります。広告投資に見合わないと判断した場合は、報酬額の変更や、途中での停止も可能です。  

成果を上げるためには、報酬価格の設定やアフィリエイターのモチベーションを上げるような情報提供がポイントになります。

実施の手順

ポイント

  • アフィリエイターは、デザインやバナーサイズを紹介の意思決定要因とすることが多いため、画像バナーや、テキストバナーは潤沢に用意しておきます。また、閲覧者の興味を引く広告文を作成します。 
  • 報酬額はアフィリエイターにとって重要な意思決定要因となるため、慎重に報酬額の設定をします。 成約率を上げるためにLPO(広告によって誘引したユーザーが最初に到達するWebページの最適化)の実施をします。 
  • ASP各社の特徴を把握し検証した上でアフィリエイトの実施をします。 
  • 効果測定をし、報酬料金、バナー、Webページの改善をします。