営業、マーケティングを強くする

 ホームページ制作

現在、インターネットでは膨大な情報が発信されており、ホームページは様々な目的で活用されています。様々な目的とは、例えば、新規顧客獲得・会社案内・ブランドイメージ構築・既存顧客満足度アップ・求人等です。目的に応じてホームページを制作することが、期待する効果を生むための第一歩となります。  

また、制作したホームページは継続的に効果を測定し、改善することによって、効果の向上が期待できます。

実施の手順

ポイント

  • 何のためにホームページを開設するのか?
    (ex) 新規顧客獲得・求人 
  • ターゲットとなる人物象は?
    (ex) 30~40代の主婦・新卒/第二新卒 
  • ターゲットが必要とする情報は?
    (ex) 事例となるお客様の声ページ・業務内容詳細 
  • 目標数値は?
    (ex) 年間お問い合わせ件数が50件・募集期間中に応募者数が20人 
  • 十分な権限があるホームページ担当者を決めたか?
    (ex) 社長自身・広報担当者 ホームページ制作会社に希望するサポート範囲は?
    (ex) ホームページに必要な写真の撮影から制作・更新作業まで全て ホームページの土台となる一次作成までで、更新作業は自社 
  • 制作予算、運用予算、広告予算は?
    (ex) 年額50万円まで・月額3万円まで 
  • ホームページのデザインイメージやカラーコンセプトは?
    (ex) カラーは会社カラーのオレンジで温かみのあるサイト、 クールな落ち着いたイメージで、グレーを主体

ポイント

  • ホームページ開設の目的・ターゲットを明確にし、HPのコンセプトを決めます。 
  • 目標数値を設定します。 
  • ホームページ制作会社は、実績や特徴、得意業種等を参考にして選定します。自社の要望に応えることができるのかどうか十分に話し合います。また、サポート範囲を把握し、足りないリソースを自社で補うことができるのかを検証します。 
  • ホームページ制作会社との連携をとりながら制作を進めます。 
  • 定期的に内容の更新をします。 
  • 継続的に、効果の測定とHPの改善をします。